Miyukeyの気まぐれブログ

関東在住の30代主婦です。本、洋画、訪れた場所などの感想を気まぐれに、かつ自由に綴りたいと思います☆笑顔の扉の”key"を見つけられる毎日になることを祈って♪

薔薇は平和の象徴☆港が見える丘公園(横浜)で秋バラと洋館を楽しむ時間<写真日記>

私が大好きなバラの季節☆

今年はどうしても行きたい場所がありました。

昨年、訪れて、とっても素敵だった

港が見える丘公園(横浜)!!

今年はどんな秋バラに出会えるのか・・・☆

ワクワクしながら、いざ出発^^

 

 

昨年の記事では、港が見える丘公園内の

大佛次郎記念館ティールーム「霧笛」をご紹介しました。↓↓

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

 

港が見える丘公園で薔薇を見る醍醐味!

それは洋館とバラを一緒に楽しめること☆

f:id:Miyukey:20211027011348j:plain

バラが咲いている小道をずっと下って、

ふと後ろを見上げると・・・洋館とバラという絵葉書のような風景が。

向こうに見えているのは、横浜市イギリス館。

丸い窓が特徴です

 

 

 

f:id:Miyukey:20211027011324j:plain

バラのつぼみとイギリス館。

このツボミは、これからどんな花を咲かせるのでしょう。

楽しみですね♪

 

 

 

f:id:Miyukey:20211027011341j:plain

バラだけじゃなくて、紫のお花も満開☆

エモい写真を撮ろうと若いお姉さんたちが群がっていました。

アラサー主婦も負けていられません。

 

 

 

f:id:Miyukey:20211027011533j:plain

 

まるで絵本の中の世界のよう・・・☆

 

 

 

f:id:Miyukey:20211027011555j:plain

 

こちらは山手111番館。

大正15年に建設されたJ.Hモーガンの代表作です

ローズガーデンを見下ろす喫茶室になっていて、

たくさんの人で賑わっていました。

ガーデンには、写生をする人々も。

楽しみ方は千差万別。

みんな思い思いに楽しんでいるって、素敵です☆

 

f:id:Miyukey:20211027011406j:plain

 

今年もバラの後ろ姿を撮りました。

昨年の記事で、こんなことを書きましたが、

やっぱり今でも薔薇の後姿には心を打たれるものがあります。

 

「美しい人は後ろ姿も美しい」

「後ろ姿に生き方があらわれる」

そんな言葉を聞いたことがあります。

花も後ろ姿に表情がある気がします。

悲しみ、悔しさ、寂しさ、辛さ・・・

人生にはいろんなことがあるけれど、

それを受け入れ、乗り越えた先には

こんな美しい花を咲かせられるときが来るのかもしれません。

そして、苦しみを、強さや優しさに変えることができたときにこそ

人を元気づけられる美しさを得ることができる・・・

バラの後ろ姿は、そんなことを教えてくれました。

 

引用:

コロナを乗り越えて咲き誇る!秋バラの魅力☆与野公園バラ園<埼玉> - Miyukeyの気まぐれブログ

 

 

 

 

f:id:Miyukey:20211027011523j:plain
f:id:Miyukey:20211030193939j:plain



                        白いお花も満開。

                   秋の光の中で花びらが輝いていました。

 

 

f:id:Miyukey:20211027011425j:plain

                   公園の中には噴水も。

                  絵画の中のような色合いが素敵。

 

 

 f:id:Miyukey:20211030125337j:plain

 

 

実は私がここへ来たかった理由のひとつが、

アーチの薔薇!!

バラの季節にはアーチに花が咲いて

ローズの香りが降ってくるように設計されているとの

看板を読んで、ここへ来たくなったのです☆

しかし!!

アーチのバラは5月しか咲かないと判明・・・

完全に下調べ不足でした~汗

5月にリベンジしたいと思います。

f:id:Miyukey:20211027011503j:plain

たったひとつ、ひっそりとツボミをつけている

ベビーピンクのバラ。

あなたに出会えてよかったよ!きれいに咲いてね☆

 

 

 

f:id:Miyukey:20211027011415j:plain

 

港が見えて来ました!

真っ青な海と心地よい秋風☆

 f:id:Miyukey:20211030125538j:plain

様々な西洋文化と共に

横浜に上陸した薔薇の花。

外国人との交流が盛んになるにつれて

市民の手にも届くようになったバラの花は、

国境を越えたふれあいの証ともいえるでしょう。

そのバラの花が、戦争により全て姿を消してしまったとは・・・

もう二度とバラの花が消えることがありませんように。

咲き誇るバラたちを

私たちが笑顔で見られる世の中でありますように。

 

f:id:Miyukey:20211027011357j:plain

 

 

港が見える丘公園内にある大佛次郎記念館

今回も行って来ました。

現在、「パリ燃ゆ 名もなき者たちの声」展(2021年12月25日まで)を

開催中。

ノンフィクション「パリ燃ゆ」の取材旅行でパリを訪れた大佛は

古本屋の店主に「パリ・コミューン関連の本を全て日本へ持ち帰るつもりか?」

と言われるほど、書籍を買いあさり、

執筆中の1961年2月2日の日記には

「あらゆる本を読もう、その時代の、まるで受験勉強のように」

と、小説への意気込みを記しました。

直筆の原稿や日記、パリ・コミューンの資料が展示された展示室には

大佛が聴いていたレコードのシャンソンが響き渡っていました。

 

新装版 パリ燃ゆ I

f:id:Miyukey:20211030194803j:plain

ブルーの光に満ちた大佛次郎記念館

 

猫を心から愛した大佛次郎の小説には数多く

猫が登場します。

記念館の中にも外にも猫がいっぱい☆

猫好きは必見☆

猫のいる日々 (徳間文庫)

f:id:Miyukey:20211030194751j:plain
f:id:Miyukey:20211030194815j:plain

 

 

ランプの上に一匹ずつ猫がいるのが見えますか??^^

 

 

 

f:id:Miyukey:20211030194706j:plain
f:id:Miyukey:20211030194737j:plain

 

                        ニャンコたちもマスク姿☆

 

その他、大佛次郎記念館についての詳細はこちらをご覧ください↓↓

ティールーム「霧笛」と大佛次郎記念館<横浜>☆(写真) - Miyukeyの気まぐれブログ

 

 

f:id:Miyukey:20211027011433j:plain
f:id:Miyukey:20211027011452j:plain

 

夕暮れに沈んでいくバラ園。

気づけば今年もあと2か月。

また来年、バラの季節に

笑顔で花々に再会できますように☆

f:id:Miyukey:20211027011332j:plain

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

<バラの季節の過去記事>

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com