Miyukeyの気まぐれブログ

愛媛県在住のアラフォー主婦です。本、洋画、訪れた場所などの感想を気まぐれに、かつ自由に綴りたいと思います☆笑顔の扉の”key"を見つけられる毎日になることを祈って♪現在は、仕事繁忙期のため月に2回の更新となっていますが、よろしくお願いいたします☆

モンゴメリ「アンの青春」 赤毛のアンとの再会を果たしたアラフォー主婦の感想

最近、モンゴメリの「アンの青春」を読んでいます。

 

アンの青春―赤毛のアン・シリーズ2―(新潮文庫)

 

11~16歳のアンを描いた「赤毛のアン」の続編である「アンの青春」では、

16~18歳のアンの日々が綴られます。

うっとりするくらい美しくて、おもしろくて、大好きな一冊になりました。

慌ただしい生活の合間に、ほんのひととき、

自分のためにお茶を入れて、本を開く時間。

それは、「アンの青春」を読み始めてから、一層、楽しい時になりました。

「今日もアンに会える!」・・・ワクワクの読書時間。

人によっては一日から数日で読み終えることができるかもしれませんが

私は、あえてゆっくりとページをめくります。

登場人物の気持ちや、アヴォンリーの美しい自然、少女たちの笑いさざめく声、

着ている服やおいしそうなご馳走の味・・・

想像力豊かなアンのように、一行一行に、想像をふくらませて。

 

1、アンは心の親友☆

 

小学生の頃、モンゴメリの「赤毛のアン」が大・大・大好きでした。

アンの住むアヴォンリーの自然に憧れ、人々の素朴な生活に憧れて、

少しでもアンに近づきたくて、いろいろな場所に名前をつけたり、

想像にふけったり、綺麗なものを集めたり・・・

そんな私を見て、家族がたくさん赤毛のアン関連の本をプレゼントしてくれ

それを読んで、ますますハマりました。

もちろん、「赤毛のアン」は、何度も何度も読み返しました。

いつか聞かれたことがあります。

赤毛のアンの続きは読まなくていいの?」と。

そう、モンゴメリの「赤毛のアン」シリーズは11巻もあるのです。

11歳でグリーンゲーブルスに引き取られた、

やせっぽちで赤毛の、想像力たくましい少女は、結婚して子供までできるらしい・・・

ということはうっすらと知っていました。

それでもやっぱり、私はどうしても、アンには、

自分と同い年の女の子でいてほしかったのですね。

心の中の大親友として、ずっと少女のまま、

胸の中にいて欲しかった。

決して美人じゃないけれど、想像の翼を広げて瞳をきらきら輝かせている、

美しいものが大好きなアン。

成長する中で、いろいろな本に出会い、興味は移り、

いつしか「赤毛のアン」は「幼き頃に夢中になった本」として記憶の底に沈んでいって

しまいましたが、

それでも時折、ふっと思い出すアンの面影は

大人になってからも、素晴らしい思い出として

私を優しく甘い気持ちにさせてくれたのでした。

どうして、いま、「アンの青春」を手に取ったのか?

それは自分でもわかりません。

アラフォーの主婦になった私が、古い親友に再会するように

16歳になったアンの日々をいま、読んでいます。

あの時に止まっていた時間が、一気に流れ出したみたい。

アンは、成長して、ますます魅力的になって、たくましくなって・・・

でも一方で、おっちょこちょいで、とんでもない失敗をしでかしてしまう面も

相変わらず。

思わず笑ってしまう大失敗と、ほほえましいエピソードの連続に

心が温まったり、うっとりしたり、くすくす笑ったり・・・

赤毛のアン」のラストで、

「曲がり角の先には、きっといちばんよいものがあるにちがいないと思うの」と、

希望に胸をふくらませながら語ったアン。

あんなに小さかったアンの「曲がり角の先」が、こんなに愉快なものだったなんて。

もっと早くに読めばよかったかなぁと思ったり

でも、いまだからこそ、こんなに懐かしく、

自分の女子高生時代とアンの青春を重ねて楽しむことができるんだなぁと

思ったりしています。

 

2、アンの成長

 

「アンの青春」の魅力のひとつは、やはりアンの成長でもあります。

夢見がちだった少女は、学校の先生になり、

(現代では考えられないことですが、アンは16歳で教師になります!)

教育に対する高い理想を掲げながら、学生の気持ちに寄り添い、

子どもたちに愛され尊敬される存在に。

同時に、「改善会」という会も立ち上げて、

アヴォンリーの町をリードしていくようにもなります。

ああ、私の女子高生時代の子どもっぽさに比べると

なんて立派な女性・・・

マリラもリンド夫人も、アンの意見に一目置いて

すっかり大人の女性扱い。

でも、それでいて、まだ想像の翼を失わないところがアンの素晴らしさ。

地に足をつけた現実派の女の子たちには

「アンは時々何を言っているのかわからない」と言われてしまいますが、

わかってもらえようがもらえまいが

想像の翼を思い切り広げて、いきいきと楽しんでいるアンの姿は

やっぱり、たとえようもなく魅力的なのです。

周りに流されず、自分が自分たりえる大切な部分を、

ちゃんと持ち続けるということの大切さを

アンから教えてもらいました。

 

 

3、さまざまな出会い

 

成長したアンには、すばらしい出会いが用意されていました。

心から打ち解け合う親友になるのに、年齢も性別も関係ありません。

アンは10歳の少年ポール・アーヴィングとも、

45歳のオールドミス、ミス・ラヴェンダーとも、

そしてもう何年も昔に亡くなって、伝説のように語り継がれている女性

へスター・グレイとも「親友」になれるのですから。

 

 

自分と同じ世界に生きているということ、美しいと思えるものが同じで、

同じことに笑い合えるということ。

「変わり者」と言われても、自分の世界を大切にしている者同士だからこそ、

わかり合え、素晴らしい時を共有できるのでしょう。

美しい友情に、こちらも胸が温かくなるのです。

 

4、最後に  新しい曲がり角

 

人生は、旅。

誰にとっても、登り坂や下り坂、曲がりくねった道やでこぼこ道、

そして時に素晴らしい風景の道も用意されています。

それは、アンにとっても同じ。

生徒との素晴らしい関係を築いてきた学校での仕事や

マリラと双生児との暮らし、かけがえのない友人たち

その全てに別れを告げ、

アンは遠い街の大学へ進学する決意をします。

何かを得るためには何かを手放すことが必須・・・

アンは別れの寂しさをこらえ、新たな曲がり角を曲がるのです。

また、その先に、輝く未来があることを信じて。

アンの、どんなときも希望と明るさを失わない姿に、

また元気をもらえました。

ちっぽけな少女のアンも、教師になった成長したアンも

いまでは、私の胸に住む大切な「腹心の友」になりました。

 

今夜もアンに会える日を楽しみに♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

赤毛のアン」シリーズには、全文訳で有名な松本郁子さんの訳もあり、

ずいぶん悩みましたが、私には訳注が多すぎる気がして、一番なじみのある村岡花子

んの訳を読みました。

 

 

私が小学生の頃から大好きな高柳佐知子さんの本。

アンの友人、ポールやミス・ラヴェンダーの紹介もあります

 

 

昔、祖母が買って来てくれた本。この一冊から、「赤毛のアン」に夢中になりました。

 

<過去記事紹介>

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

横浜の魔女の店「グリーンサム」と、魔女に憧れた私の魔女修行(?)

 

「魔女」と聞いて、何を思い浮かべますか?

何百年も生きたシワシワの顔にイボだらけの曲がった鼻、黒い服?

ホウキにまたがり空を飛び回る姿?

それとも、あやしい鍋をかき回し、ハンサムな王子さまも一瞬でカエルに変えてしまう

薬を作っている姿でしょうか?

私たちが思いつくのは、幼き頃に童話の中で見た魔女の姿かもしれません。

でも本当に魔女がいるとしたら、どんな人なのでしょうか?

今回は、「魔女」をテーマに、横浜の素敵なお店での体験や

私が幼い頃にコッソリしていた魔女修行(??)についてお話します。

 

1、横浜の魔女の店「グリーンサム」で

 

横浜の元町ショッピングストリートから少し道をそれたところにある小さなお店。

それがハーブと魔女の専門店「グリーンサム」です。

私が訪れたのはもう4年も前のこと。

ガラス窓から見える様々な魔女人形たち、、、

不思議な雰囲気に誘われるかのようにドアノブを回すと・・・

中には世界各地から買い付けられた魔女人形。

そして店主:飯島都陽子さんご自身が作られた魔女人形たちも。

不思議だけど魅力にあふれたその空間は、まるで魔女たちの魔法で時間が歪んでいるよ

う・・・

ハーブティーや魔女の本なども所狭しと並んでいる店内では

店員さんとお客さんが話に花を咲かせていました。

お邪魔にならないよう商品を見ていると初老の女性に話しかけられました。

もうお顔も、何を話したかもほとんど思い出せないのです。

でもとっても優しくて上品な、それでいてちょっと秘密めいた不思議な雰囲気で、

いきいきと魔女のことを語っていらっしゃった静かだけれど弾んだ声は

はっきりと覚えています。

もしかして、飯島都陽子さん・・・?と思ったけれど、

その時は確認しないままお店を出てしまいました。

その方の話によると、魔女というのは、悪い存在どころか

ハーブや薬草の知識が豊富で、病気やケガの人を治療したり

お悩みに答えて力になってくれるとても心強い存在だったのだとか。

そして、ヨーロッパには昔から料理上達や火災防止を祈って

「キッチンウィッチ」という魔女の人形を台所に飾る習慣があるそうです。

店内にもキッチンウィッチがズラリ。

どれもユニークで独特な、でもどこかお茶目な魔女たちばかり。

 

あのお店の不思議な空気と、あの日お話した品がある素敵な初老の婦人。

それは、ほんの短い時間だったけれど、忘れがたい思い出として

いまも鮮烈に胸に残っています。

 

「グリーンサム」の魔女人形たち。お店の中には所せましと魔女たちが飾られていました。(写真はお店の外から撮影)

 

 

2、魔女に憧れていた私

 

小学生の頃、毎日、すり切れるほど読んでいた本のひとつに

「魔女っ子入門」というのがありました。

おとぎ話の中に出てくる魔女のように、魔法が使えたら素敵!と

単純な気持ちで買った一冊でしたが

いま思うと、子供向けの本にしてはとても充実した内容で

薬草のことや、言い伝え、魔女狩りの歴史のことなどにも

触れられていて、とても濃い内容だったことを覚えています。

中でも、引っこ抜くと悲鳴のような声がして、その声を聞いた者は

死んでしまうというマンドラゴラの言い伝え、

魔女狩りに捕まったものの、薬草の幻覚作用を駆使して牢屋から脱出した

実在する伝説の魔女の話などのページは何度も読み返しました。

そして、「毎日すれば美しい魅力的な魔女になれる!」という魔女の体操は

私にとってとても神秘的で、毎日こっそりとやっていたのを覚えています。

あれから約30年経ったいま、思い返すと、あれはヨガのポーズだったんだとわかる

のですが、当時は本当に魔女になれる気がして練習していたんですね・・・^^

ちょっと怖くて、神秘的で、謎めいていて、思いのままに現実を操れる・・・

そんな「魔女」という女性像に、憧れていた私。

でも、いまは知っています。

横浜の「グリーンサム」というお店で聞かせていただいたお話や、

飯島都陽子さん(「グリーンサム」店主)が出版されている本を読んで気づいたこと。

それは・・・

魔女って、実は自分を幸せにするんじゃなく、

自分が学んだことを生かして、周りの人を笑顔にする人なんだってこと。

いや、もっと言えば、自分が健康で幸せでいなければ人を幸せになんかできないのですから、

自分も周りも楽しい気持ちにさせることができる、

それが本当の魔女なんだってこと。

言うのは簡単ですが、それって難しいことですね。

だからこそ、魔女たちは、修行が必要なのかしら?

一人前になるために相当な年月が必要と言われるのはそのため・・・?

・・・なんて思ったり。

アラフォーになったいまも、「魔女」という存在に、どこか強い魅力を

感じる気持ちは、あの頃と変わらない気がします。

でも、本物の、つまり「自分も周囲も幸せにできる魔女」には、

程遠い!まだまだ修行が足りない私なのです。

 

いまも、あの本は書店に並んでいるのだろうか、と検索してみると・・・

ありました!Amazonに・・・!

でも、この謎すぎる価格設定は・・・魔女価格・・・???

 

 

 

3、魔女を身近に感じられる本「魔女の十二カ月」

 

今回、横浜での思い出や幼い頃のことを思い出すきっかけとなったのは

最近、この一冊に出会ったからです。

魔女の12ヵ月 自然を尊び、知り尽くした魔女の「暮らし」と「知恵」

そう、ハーブと魔女の専門店「グリーンサム」の店主:飯島都陽子さんが書かれ

た本。

とある本屋でこの本を手にしたとたん、懐かしい記憶が次々に溢れてきました。

この本は、魔女の知恵を生活の中に取り入れるためのアイディアが

いっぱいに詰め込まれた一冊。

ケルトの言い伝えや伝説、ハーブの知識、簡単に作れる魔女のお菓子や料理のレシ

ピ・・・

月ごとに、季節を楽しみながら、魔女の暮らしをちょっぴりまねることができる、

そんな本です。

ハーブティーを飲みながら、そっとページをめくる時間は

至福の時・・・良い本に出会えました。

 

アマゾンでは、試し読みができますので、ぜひこちらからどうぞ↓↓

魔女の12ヵ月 自然を尊び、知り尽くした魔女の「暮らし」と「知恵」

 

 

 

魔女。 幼い頃に皆さんがワクワクしながらめくった絵本や童話の中に

きっと必ず彼女たちの姿があったはず。

でも、それだけではなく、魔女とよばれる人々は歴史の中にも実在して、

人々に様々な影響を与えてきました。

悪い魔女もいるけれど、もちろん良い魔女も。

彼女たちは、遠い昔に読んだ本の中のものではありません。

もしかしたら、あなたの隣に座っているかもしれないのです^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

飯島都陽子さんの本をご紹介・・・

 

3冊目の新刊ですって。絵は山村浩二さん。

 

魔女の植物の絵が美しすぎる一冊☆

 

私が今読んでいる本☆おすすめですよ♪

 

 

<過去記事紹介>

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com

 

miyukey.hatenablog.com