Miyukeyの気まぐれブログ

関東在住の30代主婦です。本、洋画、訪れた場所などの感想を気まぐれに、かつ自由に綴りたいと思います☆笑顔の扉の”key"を見つけられる毎日になることを祈って♪

5月の与野公園はバラの花園☆(写真)満開の薔薇にパワーをもらおう!

f:id:Miyukey:20210512074813j:plain

今年も与野公園でバラの花を観て来ました。

昨年の5月には、コロナ感染拡大のため

つぼみを全て切り落とされてしまったバラたち。

丹精こめて育てた大切なバラの花のつぼみを

開く前に切らなくてはならなかったスタッフの方々の気持ちを思うと

心が痛んだものでした。

(その話についてはこちらの記事で↓↓

コロナを乗り越えて咲き誇る!秋バラの魅力☆与野公園バラ園<埼玉> - Miyukeyの気まぐれブログ

今年もまだ感染拡大まっただ中・・・

毎年恒例だった「バラ祭り」は開催中止でしたが、

今年はつぼみを切り落とすことなく、無事に満開の薔薇を楽しめました。

不安や心配の多いいまの時期ですが

美しく咲き誇る花々を前にして、

胸の中がふわりと明るく華やかになるのを感じました。

花を見る人々の顔は、みんな笑顔。

美しいものは、それだけで、人にパワーを与えてくれるのです。

f:id:Miyukey:20210510130048j:plain

与野公園のバラは約180種類3000株。

見渡す限りがバラで埋め尽くされていて、まるでバラのお花畑。

こんなにたくさんのバラの花のつぼみを、

昨年はスタッフさんが、ひとつひとつ摘まれたのですね。

断腸の思いで・・・

改めて、その作業の辛さ、大変さを思いました。

今年は、こんなに素敵なバラたちに逢えてよかった!!

f:id:Miyukey:20210510130719j:plain

与野公園のシンボル「翔」のブロンズ像とバラ

 

f:id:Miyukey:20210510131039j:plain

 

空に向かって羽ばたいているようなブロンズ像と

バラの花のコントラストが美しい・・・。

 

f:id:Miyukey:20210512072741j:plain

咲き誇る大輪の薔薇たち

 

f:id:Miyukey:20210512072854j:plain

 

f:id:Miyukey:20210512074614j:plain

春バラは、秋バラよりも花が大ぶりで色鮮やかだと言われます。

公園に足を踏み込んだ瞬間にそれを感じました。

冬の間に蓄えたエネルギーで、力いっぱい咲く満開の薔薇たち・・・

寒い凍えるような日も、じっと耐えて

花開く日の準備をしていたんですね!

そんなバラの花たちの華やかさに私たちもパワーをもらえます☆

f:id:Miyukey:20210512072938j:plain

どんなときも、ありのままが一番美しいと教えてくれる花々☆

f:id:Miyukey:20210512074942j:plain

与野公園のバラの花の魅力は、手入れされすぎていないこと。

野に咲いているかのようにのびのびと枝を伸ばしている様子が

とても自然で美しく、それぞれのバラの良さを引き立てているのです。

f:id:Miyukey:20210512075611j:plain

ダイアナプリンセス オブ ウェールズ 1998年作出

数あるバラの中で、目を惹いたのが、

ピンクの大輪の薔薇。

その名も「ダイアナプリンセス・オブ・ウェールズ」。

気品に満ち、凛としているけれど、気取らない・・・

そんなダイアナ元妃の在りし日の姿が花と重なりました。

帰ってから調べると、

ダイアナ元妃が亡くなった翌年に作出されたバラだとのこと。

苗木の売り上げの一部は、

ダイアナ元妃の遺志を継いで創設された

「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ記念基金」に寄付されるそうです。

生前、エイズハンセン病、地雷除去など多くの問題に取り組んだ

ダイアナ元妃。

その尊い姿は真の美しさを放ち、いまも私たちの胸の中で生き続けます。

 人の命は有限。

でも、人々の笑顔のために生きた人の人生は

この世から去った後も私たちを勇気づけてくれるのですね。

 

:「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ記念基金」との契約が切れたため、現在はこの薔薇は「エレガント・レディ」という名前だそうです。が、与野公園では、薔薇名の表示が「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ」と書かれていたので、当ブログでは、表示の名前でご紹介しました。)

 

 

f:id:Miyukey:20210512081926j:plain

寄り添って咲く2輪の薔薇

f:id:Miyukey:20210512082054j:plain

フェンスいっぱいの小ぶりの薔薇は、小花を散らした壁紙みたい。

f:id:Miyukey:20210512082243j:plain

f:id:Miyukey:20210512082443j:plain

f:id:Miyukey:20210512082521j:plain

こんな色の花を見ると、沖縄を思い出すのは私だけでしょうか・・・?

早く行きたい!沖縄☆

それにしてもたくさんの薔薇の種類・・・!

一目見ただけでは薔薇とはわからないようなものから、

ザ・バラの花!といった風格のあるものまで・・・

180種類って、こんなに多いものなんですね。

とはいえ、この世に存在するバラの花の種類は、

なんと4万種以上!!

現在もバラの育種家たちによって、

次々と新たな品種が生み出されているのです!

今後、どんなバラが誕生するのか・・・?わくわくしますね^^

f:id:Miyukey:20210512145806j:plain

f:id:Miyukey:20210512145853j:plain

 

秋には咲いていなかった薔薇のアーチも満開でした。

アーチの良さは、日光に照らされて透けて見える

葉の緑のきらめきと薔薇とのコントラストが見られるところ。

 

f:id:Miyukey:20210513002808j:plain

とんがりお屋根の正体は・・・実はお手洗い。でも、こうして見るとかわいいでしょう?

 

 

f:id:Miyukey:20210513003423j:plain

 今回は、与野公園の春バラをご紹介しました。

日本中に、美しいバラ園は数あれど、

私は与野公園のバラ園が、とっても気に入っています。

昨年はつぼみを全て切り落とされてしまったバラたちが

今を盛りと花をつける、その美しい姿の向こうに

自然の生命力の強さと

スタッフの方々の愛と涙が見えるような気がするのです。

また、自由にありのまま、のびのびと咲いているバラたちの姿は

なにかと制限の多いいまの自粛生活の閉塞感を

吹き飛ばしてくれるような気がしました。

たくさんのメッセージとパワー、エネルギーをもらえる

与野公園のバラ園。

これからも薔薇の季節がめぐってくる度、訪れたい場所です。

 

f:id:Miyukey:20210513005451j:plain

大好きな薔薇の後ろ姿も、いっぱい観て来ましたよ♪

 薔薇の後ろ姿の魅力について、また、コロナ禍の与野公園のバラのつぼみのせん定について書いた記事が、こちらです↓↓併せてご覧ください↓↓

miyukey.hatenablog.com

 

 埼玉よいとこ一度はおいで♪↓↓

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館'15 (国内シリーズ)

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館'15 (国内シリーズ)

  • 発売日: 2014/06/19
  • メディア: ムック
 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

<お花が好きな方におすすめの過去記事>

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

お名前.com

ムームードメイン

コロナ禍の今こそ読みたい本15選!!おうち時間を100倍楽しめる小説をご紹介

こんにちは!

GW、いかがお過ごしでしたか?

「我慢のGW」と言われた2021年の連休。

緊急事態宣言や蔓延防止措置が出され、

おうちで過ごされた方が多かったと思います。

GWが終わっても、まだ続くコロナの時代。

早く収束してほしい気持ちは誰もが同じですが

ここはいっそ、おうち時間を思い切り楽しめる術を

身に付けるしかありません。

Miyukeyの完全なる独断と偏見で

コロナ禍に読みたい本を15冊選びました

これからのおうち時間がすこしでも充実するよう願っています。

 

 

 

1、先人から学ぶ!感染症に人々はどう立ち向かったか

 

コロナウィルスの脅威にさらされる現代の私たち。

でも、長い歴史を振り返れば感染症に苦しんだのは

私たちだけではありません。

今よりももっと医学が発達していない時代に

正体のわからない流行り病の感染拡大に見舞われ

必死で立ち向かってきた人々の生活があったのです

人々は、疫病と、どう闘ってきたのか。

その当時の生活を克明に書き記したこれらの本を読むことによって

生の尊さを改めて感じ、力をもらうことができるのです。

 

 

 

スペイン風邪が猛威をふるった100年前。作家の菊池寛は恰幅が良くて丈夫に見えるが、実は人一倍体が弱かった。そこでうがいやマスクで感染予防を徹底。その様子はコロナ禍の現在となんら変わらない。スペイン風邪流行下の実体験をもとに描かれた短編「マスク」ほか8篇、心のひだを丹念に描き出す傑作小説集。 引用:

マスク スペイン風邪をめぐる小説集 (文春文庫)

 

マスク スペイン風邪をめぐる小説集 (文春文庫)

マスク スペイン風邪をめぐる小説集 (文春文庫)

  • 作者:寛, 菊池
  • 発売日: 2020/12/08
  • メディア: 文庫
 

 

 

風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)ペスト(新潮文庫)

については、こちらの過去記事をごらんください。↓↓

コロナの影響で売り切れ続出の一冊!カミュの「ペスト」を求めて本屋へ - Miyukeyの気まぐれブログ

  

風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)

風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)

  • 作者:辰雄, 堀
  • 発売日: 1951/01/29
  • メディア: 文庫
 

 

 

ペスト(新潮文庫)

ペスト(新潮文庫)

 

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 誰もが知っている「ゆく河の流れは絶えずして~」から始まる

鴨長明方丈記 (光文社古典新訳文庫)。

すべてのものは儚く移り変わっていくという

仏教的無常観を反映する随筆でありながら、

災害をめぐるルポルタージュともいわれている方丈記」には、

安元三年の大火、治承四年の竜巻と福原遷都、

養和元年からの飢饉と疫病、元暦二年の大地震といった

災厄の数々が記されています。

達観した視点で次々と襲いかかる災厄の様子を見つめた鴨長明

最後にたどりついた境地は・・・。

八百年前に書かれ、読み継がれてきた名作を

詩人でありエッセイストでもある蜂飼耳さんが読みやすく現代語に訳し、

解説やエッセイで読み解いてくれます

様々な現代語訳が出版されていますが、

私は蜂飼耳さんの洗練された文章が好きです。

 

 

方丈記 (光文社古典新訳文庫)

方丈記 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

 ペストが猛威を振るう14世紀フィレンツェ郊外に逃れた男女10人がおもしろおかしい話で迫りくる死の影を追い払おうと、10日のあいだ交互に語りあう100の物語。

引用:デカメロン

 

 

デカメロン 上 (河出文庫)

デカメロン 上 (河出文庫)

 

 

↓↓ペストを乗り越えた記念に建てられたペスト塔は、

コロナ禍に生きる私たちに、様々なことを語りかけてくれます。

中欧ヨーロッパの写真もたくさん載せましたので、宜しければご覧ください。↓↓

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

 

 2、旅行に行った気になれる本

 

行きたいのに行けない・・・!!

そんな葛藤と不満、閉塞感に悩まされる毎日。

実際に訪れることができるその日まで

ページをめくって、旅行をした気分に浸ってみませんか?

読むだけでその地を旅している気になれる本を選びました。

五感を研ぎ澄ませ、想像の翼をひろげて、

いざ、本の旅へ・・・☆

いつか、その土地を実際に訪れる日が来ることを願って・・・!!

 

 チェコ出身の作家・カレル・チャペック

1929年に訪れたスペインについてのエッセイ集、

スペイン旅行記―カレル・チャペック旅行記コレクション (ちくま文庫)

90年も前に書かれたエッセイでありながら、

いまでもスペインの風や空気、音、匂いをありありと感じさせる

ユーモアと温かさに溢れたエッセイです。

随所に描かれたかわいい挿絵も心和みます。

2016年、私が実際にスペインを訪れる前に読んだのですが、

スペインの街を歩きながら、

この「スペイン旅行記」の文章を思い出しました。

カレル・チャペックが書いたのは古き良き時代のスペイン。

でも、そこに書かれている言葉の数々は、

現代の私たちも共感できるもので、ひとつひとつが胸に響きます。

宝物のように大切にしたい一冊。

 

 

 鎌倉で小さな文具店を営むかたわら、手紙の代書を請け負う鳩子。今日も風変わりな依頼が舞い込みます。依頼者の心に寄り添ううち、仲違いしたまま逝ってしまった祖母への想いに気づいていく。

 抜粋:ツバキ文具店 (幻冬舎文庫)

 

 

ツバキ文具店 (幻冬舎文庫)

ツバキ文具店 (幻冬舎文庫)

  • 作者:小川 糸
  • 発売日: 2018/08/03
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

 五十年前に突然姿を消した恋人を探してほしい。末期ガンの母・美月からそう懇願された。将来を誓いあった東北大生だったという。東京で恋に破れ、故郷函館でひっそり暮らしていた李恵は母の願いに応え、男の行方を捜し始める。史上最大級の海難事故・洞爺丸遭難が、人びとの運命に打ち込んだ楔とは。恋愛小説の最高峰。

引用:尋ね人(新潮文庫)

 

 函館の海の匂いや風、急な坂道、透き通ったイカのこりこりとした食感まで。

尋ね人(新潮文庫)は函館の美しい景色や空気、全てが閉じ込められた一冊。

そして、それを舞台に交差する現代と過去。

失踪した母親の恋人の謎がとけていきます。

最後の洞爺丸遭難のシーンは、

まさに今、目の前で起こっているかのような臨場感に

背筋が凍るほど恐ろしかったです。

谷村志穂さんの筆力に、改めて感服しました。

 

 

尋ね人(新潮文庫)

尋ね人(新潮文庫)

 

 

こちらもご覧ください。

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

 

3、時間を忘れて読みふけりたい人のための一冊

 

私はじっくりと時間をかけて、

文章の美しさや行間を味わう読書の時間が好きです。

なので、手に取る本も、ストーリーの起伏が激しいものよりも

穏やかに、美しい世界観に身を任せられるものになります。

が、このコロナ禍で、鬱鬱とした閉塞感を吹き飛ばしたいという気持ちが

強くなり、読む本の嗜好も少し変わりました。

ここでは、何もかもを忘れて夢中になって読める

「続きはどうなるの!?」と本を手放せなくなるものばかりを集めました。

 

 

ちひろは、中学3年生。出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込んでいき、その信仰は少しずつ家族のかたちを歪めていく…。野間文芸新人賞を受賞し、本屋大賞にもノミネートされた著者の代表作。

引用:星の子 (朝日文庫)

 

星の子 (朝日文庫)

星の子 (朝日文庫)

 

 

江國香織さんの小説は、

ストーリーの起伏が少なく美しい描写で魅せる作品が多いのですが

ちょうちんそで (新潮文庫)だけは、

少し今までの江國香織さんの小説とは違っているように感じました。

「架空の妹」と話をする

54歳の一人暮らしの女性、雛子。

まだ健康で若いのに高齢者向け介護マンションに一人で住む雛子の

壮絶な過去の謎が徐々に解けていきます。

雛子の心の闇と孤独が、様々な人の視線から描かれます。

雛子の歩む人生は壮絶ですが、

全くドロドロせず、希望すら感じさせる明るさ、

文体の美しさは江國香織さんならではです。

ページをめくる手が止まらなくなる一冊。

 

・・・と思ったら、アマゾンの口コミを覗いてみると

江國香織ワールド全開!」「江國香織さんらしい作品」

「ストーリーの起伏がなさすぎ」「ほわほわしている」という感想ばかりで

びっくりです。

あれ~~???まあ、感想は人それぞれということで。汗

 

 

ちょうちんそで (新潮文庫)

ちょうちんそで (新潮文庫)

  • 作者:江國 香織
  • 発売日: 2015/05/28
  • メディア: 文庫
 

 

 

 二十年前、冬の阿寒で自殺を遂げた天才少女画家・時任純子。高校時代、純子に狂おしいまでの恋をした作家の田辺俊一は、彼女と関係した男たちのもとを訪ね歩く。やがて、二十年の時を経て明かされる真実とは――。渡辺淳一が自伝的な要素を踏まえながら、一人の少女の短くも鮮烈な生と、彼女に翻弄される男たちの姿を描いた初期代表作。

引用:阿寒に果つ (講談社文庫)

 

 

阿寒に果つ (講談社文庫)

阿寒に果つ (講談社文庫)

  • 作者:渡辺 淳一
  • 発売日: 2013/07/12
  • メディア: 文庫
 

 

 

いつもはミステリーを読まないのですが、

ミステリー初挑戦してみた作品が、こちら。

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

選んだ基準は、単純に題名が心に刺さったからでした。

怖かったです、そして、不気味でした。

先が気になって、本を手放せなくなるのは、さすがです。

ミステリー好きの方は、ぜひ。

 

 

 7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは……。

引用:

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

 

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 1997/05/14
  • メディア: 文庫
 

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

4、最後に

完全なる独断と偏見で、コロナの時代に読みたい本をピックアップしてみました。

皆さまのおうち時間を充実させるお手伝いが

少しでも出来ましたら嬉しいです。

コロナが一日も早く収束することを心から祈るばかり。

それまでは、おうち時間で、どれだけ自分の世界を広げられるか、

感動できるか、楽しめるかが大切です。

皆さま、どうかお体にお気をつけてお過ごしください☆

最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

 

 

 

 <コロナ関連の過去記事> 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

 

miyukey.hatenablog.com

 

お名前.com

 エックスドメイン

MuuMuu Domain!  

 

 

今週のお題「おうち時間2021」